【コーギーの特徴】犬種紹介:コーギーってどんな犬?

corgi

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

    • 運動量の多さ ★★★★☆
    • 吠えやすさ  ★★★☆☆
    • おだやかさ  ★★★☆☆
  • 飼いやすさ  ★★★☆☆
原産国イギリス
体高約25.4~30.5cm
体重牝10~12kg/牡10~11kg
毛色レッド、セーブル、フォーン、ブラック・アンド・タン。

コーギーの特徴

イギリスではかつて牛飼いの助手として重宝され、いまでも多くの国で牧羊や牛追いで活躍しています。英国王室に愛されていることでも有名です。

短足で胴長、重心が低く頑健。たち耳で風貌はキツネに似ています。毛は短めの直毛で、毛にくせはありませんが、抜け毛が多いのが特徴です。春秋の換毛期はブラッシングはとくに入念にする必要があります。

コーギーの性格

りこうでお茶目。自分よりも大きな相手に立ち向かっていく、勇敢で大胆な強い気質をもっています。

一方で警戒心が高めで、吠えやすい一面もあります。

コーギーを飼うにあたって

コーギーは羊や牛の足にかみつきながら、群れを束ねるという仕事をしていたため、小さい体ながら人間を怖がりません。

飼い主がコーギーに対して従属的な態度をとっていると、すぐに自分がボスになりたがる傾向がある犬なので、甘やかさず、ホールドスティルやリーダーウォークをしっかりとすることが肝心です。

コーギーを飼う場合ど子犬なのは

ウェルシュッコーギーペンブローク

噛み癖は要注意
目、足、皮膚チェック

販売者側チェック
コーギーはとてもスマートな犬です。子犬の方がとてもしつけがしやすいと言われておりますので子犬から飼い始めることをおすすめします。

飼いやすいコーギーの子犬を選ぶ3つのチェックポイントをまとめてみました。

噛み癖チェック
コーギーは噛み癖が特に酷いと言われている個体ともいえるの販売側にチェックし手から犬を触ったりしてくださいね。

コーギーを飼う場合ど子犬なのは

ウェルシュッコーギーペンブローク

飼いやすいコーギーの子犬を選ぶ3つのチェックポイントをまとめてみました。

噛み癖チェック
コーギーは噛み癖が特に酷いと言われている個体ともいえるの販売側にチェックし手から犬を触ったりしてくださいね。

 

目・足皮膚
チェック
コーギーは目、足、皮膚の病気をしやすい為飼う前に確実にチェックしておくことがおすすめです。