トラブルを未然に防ぐ方法と対策

taking care of a dog

人間との絆が深いペットほど、人の心を敏感に察知します。

ペットが安心して過ごせるように、心のケアもしっかり行うことが大切です。また、思わぬ事故からペットを守る工夫も考える必要があります。

〜人間とペットの心のケア〜


犬や猫など、人間と一緒に室内で生活しているペットは、飼い主の精神状態や家族の精神状態、人間にとってはあまり気にならない環境の変化やストレスを感じ取り、抱え込むと病気や問題行動に結びつく事があります。

共に生活をしているペットがお互いに心身共に健やかに過ごす事が出来るように、飼い主がペットの変化を敏感に感じ取り、適切な対応をするように心がけましょう。

⚫️ストレスが問題行動や病気につながる


 犬や猫も人間同様、精神的に不安定になると健康面にも影響が出る事が多々あります。

 飼い主が多忙で構ってあげられる時間が少なかったり、引っ越しなどの環境の変化など、不安要素が蓄積されるとストレスから問題行動や病気を引き起こす原因になります。

 また、飼い主が病気になったり精神的に落ち込んでいる状態が続くとペットも心身とともに影響が出ます。

 ストレスを溜めたペットは攻撃的になったり、様々な異常行動を起こしたり、代替行為によってストレスを発散させようとします。

 また、食欲不振や下痢、便秘など体調不良を引き起こす事もあります。

⚫️飼い主の冷静な対応がペットを落ち着かせる


 人との信頼関係が強いペットほど、人の感情を敏感に読み取りその影響を受けます。飼い主のちょっとした態度や声の調子などから心の変化を察知しているのです。例えば、喧嘩の絶えない家族の中に居る犬は強いストレスを感じます。落ち着きがなくなり、体に変化が現れます。皮膚の炎症や、食事や排泄などにも影響が出てきます。

 また、飼い主が外出しがちで構ってあげられない時やテリトリーを失った時、家族が入院してしまった時など、大きなストレスを感じ、健康状態を悪化させてしまう事もあります。

 この場合、必要以上に心配をしたり飼い主が不安になると、その心理

 状態を感じ取り、犬も不安になります。飼い主はペットの体調に異変を感じても過度な心配をせずに、落ち着いてペットの不安を取り除く

 ように心がける事で犬の回復力を高める事に繋があります。