犬も花粉症になるの?犬の花粉症対策について

driving with dog

春はお花見など、愛犬と外で過ごす機会も増える季節ですね。しかし、この季節が大嫌いな飼い主さんもいらっしゃると思います。

飼い主さんを悩ませる原因…、そう!花粉です!

人間の場合、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が花粉症の症状ですが、犬も同じような症状が出たら注意が必要です。

【犬の花粉症の症状とは】

・鼻水やくしゃみを頻繁にするようになる

・顔を頻繁に掻くようになる

・目の周りが赤く、毛が抜けてきた

・皮膚が赤く炎症が出ている

・常に涙が出ている

このような、症状が出たら花粉症の可能性があるので早めに受診してください。皮膚の炎症が出てからでは、少し気がつくのが遅い状態です。くしゃみや鼻水など頻繁にするようになったら花粉症の可能性が考えられるので、動物病院で検査など行ってください。

花粉症にかからない為の対策方法は??

一度発症してしまったアレルギー症状は完治することができません。薬などを服用して症状を和らげることしか対処方法がないのです。

では、愛犬を花粉症から守る為にできる事とは??

春先のお散歩の時に注意したい事とは

・花粉の少ない時間帯に散歩をする

・洋服を着る

・散歩から帰ったら必ず体を拭く

・シャンプーをこまめにする

・犬用の花粉防止スプレーなどを活用する

このように、花粉症にかからないように対策はあります。花粉の多く飛ぶ時間帯はお昼の11時〜12時頃、夕方6時頃が最も花粉が多く飛ぶ時間帯と言われています。洋服を着せたり、体をよく拭くことで花粉から体を守る事ができます。シャンプーのやりすぎはよくないと言われているので、週2回くらいのペースで行うといいです。

花粉症にかかりやすい犬種って??

ペット保険の調べによると花粉症にかかりやすい犬種は、鼻の短いフレンチブルドッグなどの犬種に多いようです。他に柴犬やテリア、シーズーなどもかかりやすいので、花粉の季節は上記の予防対策などをして愛犬を守ってあげましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 犬の花粉症はあまり知られていないので判断も難しいと思います。犬の花粉症は皮膚に出ると言われています。この時期に身体をよく書くようになったり、目の周りなど赤くなっていたら、何かしらのアレルギーを発症している可能性があるので、すぐに動物病院で検査をお勧めします。