犬の噛み癖 対処法について

犬の噛み癖で悩む飼い主さんはとても多いと思います。子犬の時期は特に歯の生え替わりでムズムズする為、家具やプラスチック製の物、スリッパなどをよく噛みます。しかし、子犬だからといって放っておくと、人に対しても噛むクセがついてしまうのです。

また、大型犬などは子犬の時期でも力が強い為、万が一人を傷つけてしまった場合大きな事故になる可能性もあります。

子犬の時期から、しっかりと噛んでいいものと噛んではいけない物の区別を認識させる事が大切です。

噛む原因をよく理解し、愛犬と楽しみながらトレーニングしましょう!!

《子犬が噛む理由》

①ムズムズ噛み

子犬の時期は、基本的に物を噛んで遊びたいという気持ちがあります。歯が生え替わる4ヶ月〜8ヶ月の頃は、ムズムズしてどうしても何かを噛んでいないと落ち着かなくなる時期でもあります。

対処法:

1、噛んでいる物から注意をそらす

愛犬が噛んではいけない物を噛んでいるのを見つけたら、すぐにその行動をやめさせる事が肝心。それは噛んではいけないと教え、それでもやめない場合はおやつやおもちゃで気をそらし、噛むのをやめさせましょう。

2、長く噛めるおもちゃやおやつを与える

歯の生え替わりの時期はとにかく噛む事でストレスを発散させないといけません。子犬でも噛めるフレーバータイプのおもちゃや歯磨きににもなる木のおもちゃなどを与えて、噛んでもいい物を与えましょう。

 

②ウキウキ噛み

これは遊びの延長で、犬のテンションが上がってつい噛んでしまうという気持ちです。犬は生まれて50日くらいまでは、兄弟や親犬を遊びながらお互いの体を噛み合って、噛まれた時の痛みを学んでいきます。早くから親や兄弟から引き離された子犬は、人に対して噛むこともあります。しかし、これはいけない事としっかり教える事が大切です。

対処法:

1、犬が噛みそうになったらその場を離れる

犬と遊んでいる時にテンションが上がって噛んでしまった場合、その場を離れるか無視をしましょう。犬は飼い主さんの痛がる反応を楽しんでいるのです。人を噛んではいけないとしっかり学習させます。

2、飼い主さんのペースで噛むおもちゃで遊びを教える

ウキウキとテンションが上がってしまった犬の場合、もっとウキウキする遊びを教えてあげましょう。ロープやタオルなどを使って、噛んでもいいおもちゃを与え、一緒に楽しく遊んであげましょう。

3、手は噛むものではないと教える

時に犬にとって飼い主さんの手はおもちゃのように見えているのかもしれません。噛んで痛がる反応をみて楽しんでいるのかもしれません。しかし、これをやめさせる必要があります。手はおもちゃではないと学習させる方法として、手からフードを与える訓練方法があります。おやつやフードを手の中にい入れて、犬に嗅がせます。犬が鼻先でつついたら、手を開いてフードを与えます。これを繰り返すことで手=フードが出てくると学習し、徐々に噛むのをやめるようになります。

 

③捕食本能噛み

 これは犬の本能で、「動くものに噛みつきたい」という気持ちです野生時代の犬は素早く動き回る獲物を追いかけて捕らえていました。その名残から、動いているものに、つい噛みたくなる本能があります。目の前で動く足や、スカートなど本能を刺激しているのです。

対処法:

1、家では甘噛み用の服を着る

ヒラヒラしたスカートやブラウス、紐などがついた服を着ていると、その動きに犬は反応します。シンプルな服装で過ごすようにしましょう。

2、足を噛んできたら動きを止める

目の前で動く飼い主さんの足やズボンのすそが気になって噛む犬もいます。飼い主さんの痛がる反応が面白くてやめられないのかもしれません。足を噛む=何も起こらなくてつまらない。と、学習させましょう。

3、おもちゃに紐をつけて引きずって歩く

飼い主さんの足を楽しいおもちゃだと勘違いしてしまった犬の対処法です。おもちゃで気を引きつけながら歩く事で飼い主さんの足はおもちゃではないということをしっかり学習させましょう。

 

④イヤイヤ噛み

「怖いかもしれない」と犬が恐怖を感じて追い払おうとしている気持ちです。例えば、初めてのブラッシングや爪切りを行う時にそれを怖いと感じて、噛んでしまうケースもあります。

対処法:

1、恐怖を感じているお手入れを行う場合、段階的にお手入れに慣らすトレーニングを行って行きましょう。

ブラッシングや足拭きなどのお手入れの時に噛む犬は、恐怖を感じているのかも知れません。ブラッシングは楽しいものだと学習させる為に、おやつを与えたり、子優しく声がけをして恐怖心を取り除くようにしましょう。慣れてきたら、おやつの回数を徐々に減らしていきます。

 

家の中の甘噛み対策方法

1、噛まれて困るものは片付けておく

飼い主さんの匂いがするスリッパや靴下、玄関に置いてある靴など子犬の時期によく噛まれてしまいます噛んでいいおもちゃは、飼い主さんが管理していると犬に学習させます。

2、苦みスプレーを吹き付けておく

子犬の時期は、木の素材を好んでよく噛みます。例えば、木製の家具やハウスなどをよく噛んでダメにしてしまいます。こういった家具は片付けてしまう事ができないので、苦みスプレーなどを吹き付けておくといいです。

3、いたずらされて困る物や危ないものにはサークルを活用しよう

最初に愛犬を我が家に迎え入れる際に、愛犬の遊ぶスペースなどをサークルで作っておくといいです。愛犬のスペースに危険な物を入れないようにしておけば心配いりません。観葉植物やストーブなど、サークルを活用すると便利です。

まとめ

甘噛みを放っておくと本気噛みになるので、子犬の時期にしっかり訓練しましょう!子犬の時期は、家中のあらゆる物をおもちゃと認識してしまいます。飼い主さんが噛んでいいものと噛んではいけない物をしっかり教えてあげてくださいね。根気強く、感情的にならないようにトレーニングをすれば、しっかり学習してくれますよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です