愛犬をブラッシングマッサージで気持ちよくしてあげよう!

愛犬の日頃のお手入れの中で、ブラッシングは毛並みを整える以外に、愛犬の健康状態にもいち早く気づく大切な時間です。

ブラッシングの苦手な犬でも、寝てしまうくらい気持ちいいマッサージブラシでブラッシングの虜にしてしまいましょう!!

 

マッサージブラシとは??

ゴム製のラバーブラシの事です。皮膚へのマッサージ効果も期待でき、毛並みも整える事ができます。また、抜け毛や埃などを取り除く効果もあります。

 

マッサージを始める前に

マッサージを行う時は、皮膚に深くブラシをあて、ゆっくりマッサージを行うようにブラシを動かします。力加減は、自分にブラシをあててみて痛みを感じない程度の力加減で行います。埃や抜け毛を取り除く目的の場合は、軽くブラシをあてて行くように使い分けていきます。

マッサージはいつ行うのがベストなの??

飼い主さんとのリラックスタイムや寝る前などに行うのがベストです。飼い主さんの時間に余裕がある時間で構いません。

マッサージをする時間は??

1日10分を目安に行うのがベスト。声がけをしながらリラックスして行うと愛犬もうっとり寝てしまうかもしれません。

 

ブラッシングをしてみよう!!

犬がうっとりするブラッシングマッサージを各部位ごとに紹介していきますので、参考にやってみてくださいね。

🐾首まわりのブラッシング

比較的、触られるのを嫌がる犬が多い首まわり。しかし犬が一番凝るのが首まわりなんです。この部位を優しくマッサージしてあげる事で愛犬を気持ちよくしてあげましょう。

①まず、首まわりをブラシの裏面でゆっくり撫でていきます。

②ブラシを首にあて、毛並みに沿って下にスライドさせます。

③肩にブラシを当てて、の字にゆっくり動かしていきます。

肩の肩甲骨にブラシを当てて、のの字を描くようにマッサージする事で肩のコリをほぐす効果があります。

🐾腰まわりのブラッシング

犬の腰まわりには複数の気持ちよくなるツボがあります。そのツボを刺激したり、マッサージしてあげましょう。

①ブラシを腰にあて、上下にゆっくりスライドさせます。

②愛犬の様子をみて、気持ち良さそうにしていたらブラシを振動させたり刺激を与えてみましょう。

③ブラシで腰まわりを叩くようにマッサージします。

腰まわりはツボを刺激するようなマッサージを中心におこなっていきましょう。力加減は愛犬の様子をみて調節してください。

 

🐾頭まわりのブラッシング

普段自分では触りにくい頭まわりや耳など、マッサージされると心地よい場所です。丁寧にマッサージしてあげましょう。

①愛犬の背中側からブラシを持ってきて、おでこに当てる。

②ブラシをゆっくり後頭部へスライドさせる。

③耳の付け根の部分にブラシを当てて、優しく押しながらマッサージします。

 

ブラッシングマッサージを日常的に取り入れる事によって、愛犬の体調の変化にも気づきやすくなります。普段おこなっているマッサージを急に嫌がったり、皮膚の状態をみて赤くなっていたらすぐに動物病院へ受診してくださいね。

愛犬がマッサージを喜んでいる時のサイン

・マッサージ中に伏せたり、寝転がる

・途中でやめるともっととせがむ

・口角が上がって笑顔のような優しい表情になる

・マッサージ中に寝始める

このようなサインは、愛犬も飼い主さんのマッサージにうっとりしているサインです。基本的にじっとしていれば、嫌がっていないので1日10分程度おこなっていきましょう。

とても簡単だし、愛犬とのコミュニケーションも取れるので是非チャレンジしてみてくださいね!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です